Carともオークション

令和元年は「個人間売買時代元年」!

従来は中古車ディーラーを介して行われることの多かった中古車売買であるが、近年はオークションサイトを通じた個人間売買も普及しており、2013年以降その取引量は増加傾向にある。一方で個人間売買には課題も多く、当事者間のトラブルや手続きの煩雑さから嫌厭する層も多い。

しかし、仲介手数料に加え消費税もかからないことから、中古車を安価に購入する手段としてにわかに注目されているのである。事実、消費税10%を越えるドイツ、イギリス、オーストラリア、アメリカ、韓国等では既に個人間売買は主流となっている。

 Carともオークションとは?

Carともオークションは個人間売買で課題となっていた当事者間トラブルや手続きの煩雑さを解消するため,ガソリンスタンドとの提携を進めている。売り手はインターネットでサイトに登録をしたら,その後のオークション出品や試乗の調整は,すべてガソリンスタンドが代行してくれる。

また,買い手も名義変更などの納車に伴う手続きをすべてガソリンスタンドにおまかせできる。既存の中古車流通のあり方を抜本的に見直すことで,流通コストや管理コストを下げ,売り手と買い手双方にメリットを享受するサービスとなっている。

自動車関連市場の大革命!

本サービスを支えるのはそれぞれのユーザーにとっての「地元のガソリンスタンド」である。ガソリンそのものの価格は国際情勢などにも左右され安定せず,また交通量の多いエリアでは競合他店との価格競争が激しく,安定した利益を生みにくい。

ガソリンスタンドの悩みの種となっている。『Carともオークション』は販売そのものこそ個人間で行われるが,購入車両の保証やメンテナンスは仲介したガソリンスタンドが担う。個人間売買の仲介を通して,ガソリンスタンドは仲介手数料だけでなく,

定期整備顧客を得るという仕組みになっている。

 現在,人口減少社会の到来に加え若者の自動車離れや高齢者の免許返納が叫ばれる中,今後車の数は減少していく。

しかし,ガソリンスタンドまで減少し地域に給油できる場所がなくなってしまえば,生活の足を失うことになりかねない。

Carともオークションは既存のガソリンスタンドに新たな付加価値を持たせることで,個人間売買の促進だけでなく,これからの健全な車社会の構築に寄与するサービスになると考え,合同会社HOUZANは現在,加盟店となるガソリンスタンドの募集を行っている。

・本サービスは、既存のオークションシステムの取引における瑕疵責任問題を回避できると同時に、出品者は登録するだけで、購買者は第三者企業が査定をしたものを購入することから容易に取引できること。これは国内初めての手法である。

・オークション取引を仲介する第三者企業は、自社のサービスを付加することで、オークションだけでなく、それ以降のお客様のアフターサービス等を提供する。オークションで支援して、新規のお客様を獲得できること。

・オークション特有の価格取引の設定に難しさがある。場合によっては、両者の想定外に価格だったり、取引が不成立になったりする。

・入札価格の価格を最適にする価格変動ロジックプログラムによる可変価格を取り込む方式を考案した。最適取引価格の自動設定方式は特許取得済であり革新的なオークション価格の設定手法に革新性がある。

・この方式は、国内初めてであり、既存の車や不動産のオークション業界ではまだなく、これにより、オークション取引システムでは、一般の個人が容易にオークション取引の参加できることを容易にした。

・中古車の売り手、買い手は、世代年齢、男女、性別、地域、生活レベルに寄って、取引を阻むものではなく、どの様な年齢層、生活レベルの顧客でも、価格帯になったら売りたい、買いたいと思った時点を予め指値として入札出来るなど、取引者の経済状況や好みで取引されることを期待している。

・但し、ネット上の取引であることと、高額商品を取り扱うこと、そして仲介業者が絡むことから、若い学生や年配の方は、主要顧客とはなりえない。

・従って、取引物品の性格上、20歳代から60歳代までの男女が主要顧客となる。

事業計画書はこちら